伝統的なクラフト要素と、新しい要素(コンテンポラリー要素)

それらを組み合わせることで、今までにないニットウェアを制作する

ニットウェアデザイナーです。

 

主にハンドニットである棒針や、かぎ針を用いて

ニットウェアを制作することが多いですが

その時により必要と思われる技法や

素材を取り入れたり、組み合わせています。

 

ニットでなくてはならない意味を常に考えながら

制作に取り組んでいます。

 


制作の流れ

1. サンプル制作

2 . 服のデザイン





3 . パターン/トワル制作

4 . 服の制作